重要な仕事と重要でない仕事をわけることが大事だれもが24時間平等に持っていますが、仕事に充てる時間も平等です。多少前後あるものの、同じような時間だけ働いているにもかかわらず、人によって大きく差が開いてしまうことがあるでしょう。例えば同期で入…