事業承継をするときに役に立つものとは何か

事業承継の問題は様々

日本にはたくさんの会社がりますが、すべての会社が順調に事業を進めているわけではありません。大きな会社があれば別ですが、小さな会社の場合には事業承継の問題があり得ます。通常の小さな会社は、同族経営になっていますが、子供の世代が育っていないため、会社を引き継ぐことができません。あるいは、子供が全く別の仕事をしていることもあり、会社を引き継ごうとしないのが特徴になります。

これにより、経営者がなかなか引退することができず、70を過ぎてもまだ第一線で働いている会社も少なくないでしょう。もちろん、誰かが引き継がなければそのまま会社をたたむしかありません。ですが経営者としては、従業員を雇っているため、安易に会社をたたむわけにはいかないでしょう。そこで事業承継を積極的に行ってくれる機関を利用する方法があります。

事業承継は地方自治体でマッチングしてくれる

事業承継をする場合は、地方自治体に任せることも重要になります。地方自治体では、引き継ぐものがいない場合に、マッチングをしてくれるため、引き継ぐ相手を探すことができる仕組みをもっています。例えば、自分で会社を経営したい人が、地方自治体に申し出ることで、その人と現在会社を経営していて事業承継に悩んでいる人が面会し、条件が合えばそのまま引き継いでもらうことになります。条件がわなければ、別の人とマッチングさせ、条件が合うまで続けるのが特徴です。

もちろん、血のつながりのない人に簡単に明け渡すわけにもいかないため、かなり慎重に行うますので、ある程度長い時間が必要なことも考えられます。

事業承継とは、会社の経営者の引退に伴い、これまでに会社が培った信用や人脈、地位、資産を後継者が引き継ぐことです。