通販の出荷業務はお任せ!EC物流のサービスとは

管理から出荷まで代行可能な便利業者

インターネット上で多くの商品を販売するときには取扱商品を検品や入庫、棚卸ししなければなりません。非常に手間のかかる作業ですが、EC物流サービスを利用すれば代行してくれるので使ってみましょう。

主にEC物流サービスでは入荷データや入荷伝票、そして届いた商品に間違いがないかチェックをしてくれます。商品にバーコードを付けてピッキングから出荷まで管理をするのが特徴です。

EC物流業者は専用の倉庫を持っているので、サービスを利用すれば倉庫自体もレンタルできます。会社に取扱商品を保管しておく必要もなく管理も行ってくれるので合理的です。出荷する時はダンボールや袋といった包装資材に商品を詰め込む作業も代行してくれます。

ギフト用のラッピングにも対応してくれる業者もあるので使い勝手が良いです。

どれくらいの金額がかかるのか

実際にEC物流サービスを利用する時はいくら掛かるの気になる方もいるでしょう。これは業者にもよりますがサイズによって料金が変化します。ある会社ではSサイズ60cm以下の商品で2kg以内だと送料480円、入荷費10円で保管費用が1日あたり1円です。またピッキングを行う代金は15円となっています。

サイズが大きくなるとその分費用も高くなるので理解しておくと良いです。返品作業をするときには300円ほど、ギフトラッピングをする場合は300円かかります。ノベルティやチラシを同梱したい時はいずれか1つで15円の設定です。ちなみに送料は沖縄や離島に発送する時は少し高めの金額に設定されています。

EC物流とは電子商取引に伴う物流のことで、電子決済から配送まで情報システムが連携しているのが特徴的です。