ウェブサイトの運営中にサーバーの移転をしなければならなくなったら?

旧サーバーと移転先のサーバーの両方にファイルを置く

レンタルサーバーを利用してウェブサイトを運営している場合、サーバーサービスの停止や容量オーバーなどの理由で別のサーバーに移転しなければならないことがあります。では、実際に移転する場合、どういったことに注意すればいいのでしょうか。

まず、絶対に避けなければならないのは、現在利用しているサーバーからウェブサイト関連のファイルをすべて削除し、そのあと、新しいサーバーにアップロードするという行為です。この方法で移転してしまうと、サイトにアクセスしてもなにも表示されないという状況が長く続いてしまうので、訪問者にサイトがなくなったと誤解させてしまう恐れがあります。そのため、古いサーバーにファイルを残したまま、移転先のサーバーにファイルをアップロードするようにしましょう。

会員登録制の場合は登録を停止してから移転する

古いサーバーからファイルを削除するタイミングですが、あえてなにもせず、契約終了まで放っておくというのも一つの方法です。というのは、ドメインを新しいサーバーと紐付けした場合でも、なんらかの理由で古いサーバーにアクセスしてしまうことがあり得るからです。新しいサーバーと古いサーバー、両方にファイルを置いておけば、どちらのサーバーにアクセスしてもサイトを閲覧できる状態になります。

会員登録制のウェブサイトを運営している場合は、サーバー移転の少し前から会員登録の受付を停止し、そのあと、データベースのバックアップを行うようにしましょう。そうしないと、バックアップ後に古いサーバーのデータベースに登録情報が書き込まれてしまい、新しいサーバーにデータが引き継がれないユーザーが出てくる可能性があるからです。

多言語サイトとは、複数の言語で見ることができるサイトのことです。海外の人たちにもサイトを気軽に見てもらうことができます。