喜ばれる社員研修と嫌がられる社員研修の違いとは?

会社のイメージを決定づける新入社員研修

入社後まず行うことになる新入社員研修は、会社のイメージを確定させるという意味で重要です。

新入社員研修で行われる内容は、大きくふたつに分けられます。ひとつは、ビジネスマナーや仕事の進め方など、直接仕事に繋がる内容です。そしてもう一つは、社会人としての心構えや、企業理念などを理解してもらうという内容です。

会社によって大きく差が出てくるのは、後者のほうでしょう。概念的な領域に踏み込むため、時には外部から見ると理解しがたいものになってしまうこともしばしば起こり得ます。例えば、大声で罵倒し合ったり、ひたすら否定的なことを言われ続けたりするといった内容が、研修に組み込まれている場合もあるようです。会社側は「それが社会人として必要な過程」と考えていたとしても、外部からやってきた人間にとっては異常な光景として捉えられます。新入社員は、その研修をきっかけにブラック企業だと判断し、離職を決意することもあり得ます。

もし現代社会にそぐわない研修を行っているのであれば、会社で働くことを前向きにとらえてもらえるような研修を考え直す必要があるでしょう。

必要な研修を必要な時に行う

入社後の社員研修は、「入社後○年」など、一律に行っているという会社もあるのではないでしょうか。しかし、そのような研修は、社員のニーズからずれた状態のまま、惰性で続いてしまっているという場合もあります。

一方、現場では「この知識が必用だが自己流の勉強では追いつかない」など、研修で解決しうる要望が燻っていることもありがちです。社員の要望をこまめに聞いて、研修の方向を軌道修正していくことで、社員の満足度と生産性の向上を図ることができます。

ビジネスを行う上で必要なリーダーシップを養成するのが、管理職研修に参加する場合の、大きなテーマです。