仕事をする時に知っておきたい4つの分類とは

重要な仕事と重要でない仕事をわけることが大事

だれもが24時間平等に持っていますが、仕事に充てる時間も平等です。多少前後あるものの、同じような時間だけ働いているにもかかわらず、人によって大きく差が開いてしまうことがあるでしょう。例えば同期で入った人たちの中でも、出世する人もいれば対して出世しない人もいます。このように大きな差が出てしまうのは、時間の使い方がうまいか下手かの違いになります。時間の使い方がうまい人は、仕事の順序をよく考えているのが特徴です。

24時間は平等ですので、一人だけたくさんの時間をもらって仕事をすることはできません。それならば限りある時間の中で重要なものを集中して先に行ってしまった方が効率良く仕事をすることができるはずです。つまり、仕事ができる人は重要な仕事と重要でない仕事を明確に分けていることがわかります。裏を返せば、仕事の効率が悪く結果が出にくい人は、重要な仕事はどれかを明確にし、そこに集中して仕事をしてみましょう。

緊急性があるかないを知ることも大切

仕事には重要な仕事と重要でない仕事がありますが、その中でも緊急性がある仕事と緊急性がない仕事も存在します。緊急性と重要性は掛け算のような形で考えておくと分かりやすいです。例えば、重要な仕事にも、緊急で重要な仕事と緊急でないけども重要な仕事があります。このうち、社内でやっておきたいのは緊急で重要な仕事です。時間ができたら緊急でないけども重要な仕事を行っていきましょう。

重要でないけども緊急な仕事と、重要でも緊急でもない仕事も存在します。重要な仕事が終わった後には、3番目に重要でないけども緊急の仕事をこなしていくべきです。

これらの考え方を徹底すると仕事で成長することが出来るようになります。

ワークフローとは企業や人間の間で行われる情報などのやり取りの流れことです。また、システムにより自動化されたやり取りの流れを指すこともあります。