効果が期待できる!社員研修で知っておきたいポイント

社員研修は講師によって成果が左右されます

社員研修で必要なのは、講習を受けた後にも印象が残るような講師を選ぶことです。どれだけ中身の濃い講習であっても、印象に残らなければしだいに忘れてしまいます。けれども講師がインパクトのある人であれば、その内容もずっと残るようになります。記憶は感情に結び付いて定着するというわけです。例えば社内研修であれば、豊富な実務経験を積んだ社員を選ぶと良いでしょう。その説得力のある経験を語ることで、インパクトを残すことが可能です。

社員研修にはどんなメニューがあるのか

社印研修は、実はそれぞれ目的を持って行われています。例えば新入社員に対してはビジネスの基礎を教えることになります。それと同時に仕事に取組む姿勢そのものを教えます。これは自立心を持って学び続ける方法を身に付けさせる目的があります。あるいは管理職を養成するためには、コミュニケーションなどに関する深いスキルを修得させることが必要です。それまでは自分の業務に集中していれば良かったわけですが、全く異なるスキルが必要であることを意識させることが重要というわけです。

eラーニングは役に立つのか

時間に縛られずに手軽に利用できるeラーニングですが、実際に役に立つかどうかが気になるものです。結論から言えば、用途によっては成果が期待できます。学習意欲が高い社員に対して用意する場合には、それぞれの都合の良い時に受講してもらうことで業務にも支障が出なくなります。実務に関する技術を向上させる場合には便利に活用できるというわけです。

社員研修は、いままでその仕事を全くしたことのない人達に会社の理念や方針、仕事内容などを的確に伝えるための手段です。また、初対面の人たちが同じ場所で気持ちよく働くためには欠かせないものといえます。