引っ越しは片付けに始まり、片付けに終わる

まず引っ越し前に片付けよう

引っ越しをできるだけ早く、安く、楽に行うには、まず荷物を減らすことが重要です。いつの間に増えてしまう持ち物を思い切って片付けるチャンスと考えて、衣類のうち二年間着なかったものは処分する、食器や家電品本なども使わないものは処分するようにするとすっきり片付きます。まだ使えるものを捨てるのは抵抗がある場合は、リサイクルショップに依頼すれば取りに来てもらえて多少のお金にもなり、誰かが使ってくれると思うと気分的には楽になります。子どもたちの絵や工作、記念品などは写真に撮って保存するのも一つの方法です。荷物をできるだけ減らせば引っ越しの料金も安くなり、箱詰めの手間も省けて一石二鳥です。選別するのをためらったために荷物が多くなり、結局引っ越し先でも使わずに捨てるようなことだけは避けたいところです。

引っ越し先でもできるだけ早く片付ける

引っ越し前に家具や家電品の置き場所をしっかり決めておき、引っ越し屋さんにきちんと置いてもらってから荷ほどきにかかります。持ち物を減らしておけば荷ほどきもぐんと楽になりますから、できるだけ早く所定の位置に片付けることができます。そのときに出る緩衝材や段ボール箱、包むために使った新聞紙なども後でと思わずにその都度、手早く片付けることも必要です。そうすれば部屋中が散らかることもなくスムーズに引っ越し作業を終えることができます。やはり引っ越しを無理なく最小限の労力で終わらせるためには片付けが一番のポイントになります。

片付けの時に必ず出てくるのが「不用品」で、これらはつい捨ててしまいがちです。そこで、不用品の回収をしてくれて、しかも買取も行うリサイクルショップへもっていってみるのもよいでしょう。