店舗経営から通販へ!物流の考慮は大丈夫?

店舗経営から通販事業を展開するときの問題点

店舗経営を続けてきた企業が通販事業を開始した途端に問題が発生してしまうことはよくあります。販路を広げるために通販を事業に組み込むのは効果的な戦略であるのは確かですが、物流で失敗してしまいやすいのは確かです。店舗からだけでなく通販によって商品が売れていくことになるため、在庫管理の行い方が難しくなります。店頭で売り切れてしまった商品に実は通販で注文が入っていたという状況に陥ることは珍しくはありません。それによってキャンセル処理をしなければならず、顧客からの信用を低下させてしまうこともあります。そのような問題を発生させないための物流の対策を行っておかなければなりません。

一元化された在庫管理システムによる解決

基本的には在庫管理を一元化することで物流を制御することができるようになります。店頭でも在庫管理は電子化し、そのデータベースをECサイトと連動させておくことで解決することができるのです。このような一元化された在庫管理システムは多くの業者によって提供されるようになっているため、通販事業を展開すると決めたときに予め導入しておけば問題ありません。クラウドベースになっていて導入コストが小さくて済むものも多くなっています。店頭の在庫管理も効率化できることから長期的に見ればメリットも大きいため、通販事業の開始と同時に在庫管理の効率化も実施するというスタンスで展開を行っていくのが重要です。この対策がないと通販事業の展開が失敗に終わるリスクがあります。

通販物流とは、ネット通販の物流にともなう商品の管理、梱包、発送などの業務全般のことを指し、専門の物流事業者に委託することができます。