どうやって実施する?適性検査の方法を検討

入社試験で汎用される適性検査

適性検査は様々な場面で利用されるようになりましたが、典型的なものとして多くの人が経験するのが就職活動のときです。入社試験で適性検査を課すのは常套手段になっているのが現状であり、企業として人材についての客観的な情報を得る手段として活用されています。このときに企業が適性検査を実施する方法を選ばなければなりません。よく行われてきた方法は社内に候補者を集めて筆記試験を実施する、あるいは社外に試験会場を準備して実施するというものでした。現在でもこのような方法を取っていることはありますが、少数派になりつつあるのが実情です。専門業者に依頼してテストセンターで適性検査を受けてもらうという形で実施されることが多くなっています。

ウェブベースで行うときにも方法は三つ

もう一つのパターンとして適性検査をウェブベースで行うことも広まってきました。ウェブテストという形で適性検査を受けさせるものであり、志望者にアカウントを発行して実施してもらう形になっています。この方法を選んでいるときでも実施方法には大きく分けて三通りあるのが現状です。一つはテストセンターに任せてしまう方法であり、その会場でウェブテストを受けるという形になります。二つ目は自宅でも自由に受けられる形でウェブテストを実施してもらう方法です。そして、比較的小さな企業に見受けられるのが三つ目に相当する社内の会場でウェブテストを受けさせる方法です。それぞれにメリットもデメリットもあるため、企業としては選ぶのに慎重になっている傾向があります。

適性検査は、WEB上で実施することができます。さまざまなタイプの検査から選択することができるので便利です。